東京新宿ロータリークラブ

ロータリーテーマ
テーマロゴ
各委員会

米山記念奨学委員会

[ 基本方針 ]
公益財団法人ロータリー米山記念奨学会は、日本ロータリーの創始者米山梅吉翁の偉業を記念し、勉学・研究のために日本に在留している外国人留学生に対し、日本全国のロータリアンからの寄付金を財源に奨学金を支給し、支援する国際奉仕活動です。
奈良恒則会長の「利他活動の心地よさを味わい、楽しむことにより、日頃より奉仕する精神を培い自らを育む」というクラブ方針を受け、このコロナ禍においても、その奨学事業を維持し、安全・健康を第一としながら奨学生との交流を深め、国際親善に寄与します。

[ 活動計画 ]
 当クラブは、前々年度の2020年4月より今期9月まで、韓国からの留学生金至圓(キム ジウォン)さんの世話クラブ・カウンセラーを務めています。
 今期はその最終年にあたり、金さんが将来に渡って日本とロータリー活動のよき理解者となられるよう前年度委員会の活動計画を引き継いで尽力します。
 また、金さんの奨学期間後においても、依頼された奨学生の世話クラブ・カウンセラーとして、ロータリー米山記念奨学会の指導のもと、奨学生交流企画、奨学生学友クラブ等の各事業への参加によって、将来ロータリーの理想とする国際平和の創造と維持に貢献する人材となられるようサポートします。
 米山記念奨学事業の意義と米山表彰制度の仕組を理解していただき、協力を求めるよう情報発信を行い、特別寄付の増進と米山功労者の増員に努めます。
(特別寄付の目標:8名80万円)


[ 委員長 ]阿世賀 陽一
[ 副委員長 ]米川 和秀
[ 委員 ]千葉 嘉胤、平山 洋二、熊谷 誠、増田 努、守谷 幸夫、岡部 悠
ページの先頭へページの先頭へ